企業理念

企業理念「食を通して幸せづくり 人づくり 元気づくり」

美味しいものを食べている時、人は皆笑っています。当社は食を通して与えることができる幸せを追及し、食に携わるすべての人が夢と希望に満ちた元気な地域、元気な社会を創っていきます。

企業理念ピラミッド

事業に対する想い

消費者の皆様にも、是非、日本で収穫される農産物のファンになってもらいたい。心を込めて作った農作物を消費者に理解してもらいたい。私達は、そんな思いを色々な農産物で伝えていきたい。

1.日本の食は美味しく・新鮮で・安全で栄養価が高い事を伝えていきたい。

日本の農作物の自給率は、年々下がってきている反面、輸入は年々増加し、美味しさ・品質・鮮度・作り方ではなく、ただ安く・売れれば良いという夢のない食べ物になっている。また、食べ物に感謝を忘れた時代になっているのを昔のようにありがとう、ごちそうさまの声が聞こえる時代に戻したい。
採りたての野菜の持つ栄養価、調理後の栄養価の変化や輸入商品の栄養価との違いや美味しさの違いを説明し、日本の野菜の美味しさをアピールする販売を進めています。 安心を感じられなくなってきている中、食べる人が作る人から自然と聞ける、また、聞いて子供達にしっかり説明のできる安心感システムを作ります。

2.ゴミを堆肥化し、循環型農業を推進して地域貢献につなげたい

日本は国土が狭いが、生産地と消費地が近く、世界でまれに見るほど効率の良い国です。国土が狭い分、色々な不利益な面が多いが、生産地が近いからできる「循環型農業」のメリットもあります。輸入に頼るのではなく、自らの考えを守り、地産地消の推進を図っていきたいと考えています。
今後は堆肥センターを作り、地域から出る選別されたゴミを堆肥化し、農地に蒔き、本当の循環型農業を行っていきます。このような農場を全国至る所でこれから民間法人が行って行かなければいけないという使命が私達にあると考えています。

3.地域社会への奉仕活動

聴覚障害者への社会支援として、2012年まで毎年手話通訳者養成のために、社会福祉法人石川県聴覚障害者協会を通じて全国手話通訳問題研究会に寄付を、2003年〜2010年まで石川県金沢市聴覚障害者協会に福祉車両を寄付し、社会活動に使って頂いております。

株式会社HARUSA

株式会社畑のシェフ

野菜ソムリエの独り言

採用情報

お客様の声


農家二代目成長奮闘記

人魂塾


環境方針

JAS