農家二代目成長奮闘記

八ヶ岳ナチュラファーム 一代目の生い立ち

日本一の高原レタスの産地として知られている自然豊かな長野県川上村。その最奥に位置する梓山・秋山両地区に、「有限会社 八ヶ岳ナチュラファーム」(川上紀夫代表)の圃場は広がっている。
平成11年、川上紀夫さんをはじめ、関拓二さん、山中勝寿さん、油井哲男さん、井出后則(きみのり)さんの5軒の農家が、「栽培から出荷までを自分たちの力でやってみたい」と、農協への出荷を打ち切り、有限会社を立ち上げた。

当時、村内でも個人で出荷を行う生産者は増えていたが、会社組織を設立し、保冷庫などの設備を整えて、生産者同士で共同出荷を行うケースは稀だったという。大量出荷と安定供給が求められる一大産地にあって、連作障害を防ぐための土壌消毒や除草剤散布などは行わず、有機栽培や特別栽培農産物の基準で野菜づくりに取り組んでいる5人は、同じ価値観や考え方を教諭しているからこそ結束力も強い。
  玉レタスに限らず、サニーレタス、グリーンリーフ、リバーグリーン、ロメインレタスなど、各個人の栽培品目は違うものの、化学肥料や農薬を使わず、ぼかし肥料や堆肥などを使用することで、土壌に負荷を与えない持続可能な農業を実践している5人。「安心・安全」を追求する想いは同じだ。

  「人間は食べるものによって決まる。野菜を作っていると、土に入れるものや作り方によって、野菜の味は変わってくる。それと同じで、人間も食べるものによって健康になったり病気になったりしてしまう」(関さん)という言葉には、野菜本来の旬を大切に、安心・安全な農産物を通して、食の重要性を伝えていこうとしている生産者の姿勢が垣間見えた。

若き二代目たちが受け継いだ 農業に対する技術と想い
『しっかり作れば美味しいものができる』
関さん二代目 関広基さん


山中さん二代目 山中修平さん

  「有限会社 八ヶ岳ナチュラファーム」は、父親とともに農業に取り組む若き後継者にも支えられている。川上紀夫代表の長男である秀実(ほつみ)さんは、長年流通業に携わっていたが、「農業が面白そうだったから」と、帰郷して就職。「勤め人よりも百姓のほうが性に合っている気がする」と話す。
  次男の耕志さんも、大学を卒業してから農業の道を志し、設立当初から同社の一員として活躍。「自分にとって魅力的な仕事がほかになかった。一番身近にあったのが農業だった」といい、「実際にやってみて、身体を動かして仕事をすることで、ご飯とか食べるものが美味しく感じられるようになった」と微笑む。

  関拓二さんと山中勝寿さんも今は息子さんと共に畑に立っているそう。「自分からは特に継いでほしいとは言わなかったけれど、帰ってきてくれた」と関さんは嬉しそうに語る。秀実さんと耕志さんは「私たちも父親からは『好きなことをやれ』と言われていて、後を継ぐことに関して言われたことはなかった」と話す。 幼い頃から紀夫さんが作った野菜を食べて育ってきた秀実さんと耕志さん。その思い出の味に導かれるように故郷に戻り、父親の後を継いで、毎日畑に立つようになったのは、ごく自然の流れだったのかもしれない。

父親の紀夫さんをはじめ、関さんや山中さん、油井哲夫さん、井出后則さんという先輩方から学ぶことが多いという秀実さん。「やっぱり堆肥を一から作っている方たちですから、いろいろ勉強になりますね」と微笑み、「やっぱり自分はレタスが好き。作るのも食べるのも好きだし、しっかり作れば美味しいものができる。ここは湿気に弱いレタスの栽培に適しているのだから、その気候を活かして、美味しいレタスを作って、評価してもらえたら嬉しい」と話す。

子供たちが自分が作った野菜を喜んで食べてくれると、
『間違っていないんだな』と実感する

  今後の抱負を尋ねると、「レタスの設備を活かしてできる野菜に取り組みたい。ホウレンソウはレタスの設備をそのまま使えるし、川上村のように寒くて雨が少ない土地には向いていると思う。でも、規模拡大に走るとキリがないし、今の農業を続けていきながら、私たちの野菜を理解して買ってくれる人を増やしていく」(秀実さん)、「イチゴにも挑戦してみたいのですが、設備投資を考えると躊躇してしまう。この地域の特性を活かし、露地で育てられる野菜で、消費者からのニーズがあり、生産過剰にならない品目を検討していきたい」と耕志さん。
  そして、「子供たちも自分が作った野菜を喜んで食べてくれるし、ブロッコリーは何も味を付けないでそのまま食べてくれる。そんな姿を見ると、『間違っていないんだな』と実感する」と秀実さんは力強く語った。
今年は昨年以上に圃場の面積を増やし、意欲的に栽培に取り組んでいる同社。今後も取り引き先からの要望に応じながら、孫にまで受け継いでいけるような持続可能な農業を貫き、今日も八ヶ岳ナチュラファームの生産者は畑に立っている…

ダミー

左から 関拓二さん、川上耕志さん、山中勝寿さん、川上秀実さん、油井哲男さん

レタス便り

※クリックするとPDFをダウンロード出来ます。

■茨城県(中結城生産組合・八千代生産組合・丸城生産組合)
■長野県((有)八ヶ岳ナチュラファーム)

株式会社HARUSA

株式会社畑のシェフ

野菜ソムリエの独り言

採用情報

お客様の声


農家二代目成長奮闘記

人魂塾


環境方針

JAS